おもしろいゲーム・推理小説紹介

おもしろいゲーム・推理小説紹介

推理小説、マンガ、ゲームなどの解説・感想

(2周目)ゲーム「NieR Replicant ver.1.22474487139...」を語る(ネタバレ注意)

~はじめに~

本日は、「NieR Replicant ver.1.22474487139...」の二周目をクリアしたため、概要と感想を述べようと思う。

 

①1周目との変更点

まず物語は、カイネの石化を解く場面から再開する。従って、青年期からの再開となり、少年期の頃のクエストなどはクリアできなくなるため注意が必要。そして、1周目ではなかった、カイネの過去の記憶(なぜ魔物憑きとなったのか)を見ることができる。最も大きな変更点は、これまで敵だったマモノ達の言葉を字幕で読むことができるようになる点だ。これまでマモノはただの倒すべき敵であったが、1周目の最後でマモノとは過去に滅びかけた人間達が生き残るために取った手段「ゲシュタルト計画」によって生まれた人間の魂のなれの果て「ゲシュタルト体」であり、主人公達こそがゲシュタルト体の器として作られた「レプリカント体」であることが明らかになっていた。その背景と共に、魔物達の会話を聞くと、何が正しいのか、どちらが正義なのかを問われることとなる。主人公はひたすらマモノは悪であり殺すべきだとしているが、マモノの中には、争いを好まず害をなさない者や、人間との共存を望む者もおり、それらの悲痛な声を聞きながら、プレイヤーは魔物を殺していくこことなる。

 

②エンディング

2周目のエンディングはBエンディング(1周目はAエンディング)とされ、セーブデータに記録される。1周目では主人公と妹ヨナが並んでいる風景だったが、Bエンディングでは、最後に倒した魔王とその妹ヨナが並んでいる風景へと変わった。そして、死んだと思われていたエミールも、頭だけとなって生きていることも示されていた。

 

③3周目に向けて

3周目では、武器を全て集めることでCエンディングへの選択肢が出るようになることが、Bエンディングの後明示された。2周目でクエストはほぼクリアしたため、クエスト報酬の武器はコンプしており、武器屋の武器を全て購入すればコンプできると思われる。

 

④その他

2周目ではエクストラダンジョンである「15 Nightmares」が解放され、強敵と戦うことができる。レベルは30あれば十分だろう。武器強化に必要な「鷲の卵」などレアアイテムを入手することができるため、ぜひチャレンジするべきだ。クリアすると、コスチュームなども入手することができる。

 

 

~最後に~

2周目は、レベルや武器が強いこともあり、戦闘はサクサクであった。個人的には2周目は難易度を上げてプレイするのもいいのではと思う。3周目以降はダレてくるところもあるため、ノーマルでプレイしようと思う。クリアでき次第、このブログを更新する予定。