おもしろいゲーム・推理小説紹介

おもしろいゲーム・推理小説紹介

推理小説、マンガ、ゲームなどの解説・感想

(1周目)ゲーム「NieR Replicant ver.1.22474487139...」を語る(ネタバレ注意)

~はじめに~

本日ご紹介するのは、前回予告していた「NieR Replicant ver.1.22474487139...」。2010年に発売された第一作「NieR Replicant」のバージョンアップ作品である。2021年4月22日に発売されたこの作品を、とりあえず難易度Normalで1周目クリアしたため、その感想を述べようと思う。

 

 

①ストーリーに関して

1周目だけの感想としては、良い意味で王道RPGといった感じだ。スクエアエニックスRPGを多くプレイしている方なら何の抵抗もなく進められるストーリーと言えるだろう。ただし、1周目をクリアした段階では、まだまだ回収されていない伏線も多く見られ、これらは2周目、3周目とクリアしていくことで明らかになっていくのであろう。

 

②戦闘に関して

武器として、大剣、槍、剣?を選択可能。筆者は前半は剣、後半は槍を多用していた。戦闘自体の難易度は高く無く、RPGを遊んできた方なら特段レベル上げなどしなくとも、ストーリー中の敵は問題なく倒せるレベル。武器攻撃と魔法を組み合わせて戦うスタイルは慣れていないと難しいかもしれない。このスタイルは「ウィッチャー3」と近いように筆者は感じた。武器の扱い方や体術面はPS2で発売されていた「鋼の錬金術師 翔べない天使」などと近く、魔法感覚は「FINAL FANTASY XIII」などのATBバトルシステムに近い物を感じた。総じて、歴代のスクエニの名作RPGの良いところが組み合わさった、秀逸なバトルシステムだったと言える。

 

③サブストーリー、やりこみについて

今回はクリアを優先してプレイしたためあまりサブの部分はやり込めていないが、「クエスト」がサブ要素の1つとしてあげられる。クエストは町の住民などから受ける依頼などで、クリアすることでお金やアイテムを入手することができる。ストーリーに関わるメインクエストと別に、本編とは関係ない多数のサブクエストが用意されており、難しい物から簡単な物まで多種多様である。このシステムは、別記事で紹介している「スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-」とほぼ同じである。クエスト報酬は様々だが、筆者がクリアしたクエスト報酬を見た感じ、その報酬は多い方で、お金面だけで言うと、いくつかクエストをクリアするだけで本編クリアには全く支障が無い程度のお金を稼ぐことができた。それぞれのクエストにそれぞれのストーリーがあっておもしろいため、時間に余裕がある方はぜひサブクエストもクリアしていただきたい。

 

④その他の要素

・本作ではメインキャラはもちろん、村人全てがフルボイスとなっており、素晴らしいクオリティだと感じた。

・畑を使って作物や花を育てることができるが、成長が遅く(成長を早くするアイテムを使っても)、普通にメインストーリーを進めているだけではあまり楽しめなかった。

・フィールド移動や街間の移動は、はじめは走っての移動で大変だが、サブクエストをクリアしたり、ストーリーを進めると、猪に乗ったりや水路を船で移動することがで き、ゲーム後半で移動が大変にならないように工夫されていた(スターオーシャン セ カンドストーリーなどのバーニィーに近い感覚だ)。

 

~最後に~

1周目をクリアした段階で、新たに「カイネ編」をプレイすることが可能になったり、本バージョンアップ版の特典である「ニーアオートマタ」のコスチューム・BGMなどが設定できるようになった。おそらく2周目では、1周目では明らかになっていなかった部分が明らかになると思われ、楽しみだ。1周目で、メインストーリー中に数回選択肢が表れ、1周目は王道と思われる選択肢を選んだが、他の選択肢を選んだ場合どうなるのか、新たに表れる選択肢があるかなども楽しみなところである。2周目は1周目ほど急いでクリアするつもりはないため、更新は先になると思われるが、クリアでき次第、ブログでご紹介する。