おもしろいゲーム・推理小説紹介

おもしろいゲーム・推理小説紹介

推理小説、マンガ、ゲームなどの解説・感想

◯初めての方にお勧めの記事!

西澤保彦著「人格転移の殺人」感想(ネタバレ含む)

~はじめに~

本日ご紹介するのは、西澤保彦著「人格転移の殺人」である。西澤氏と言えばSF的設定を推理小説に持ち込んだSFミステリに定評があるが、本作はその代表作とも言える作品である。本日は、数ある西澤氏のSFミステリの中でも完成度の高い本作の魅力について語っていきたい。

 

以下、ネタバレを含みます。

未読の方はご注意下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                                                                      

 

 

 

 

 



 

人格転移の殺人 (講談社文庫) | 西澤保彦 | 日本の小説・文芸 | Kindleストア | Amazon

~あらすじ~

アメリカのある街を大地震がおそった。ファストフード店にいた人々が逃げ込んだ先は、アメリカの秘密組織が人格を入れ替える実験を行っている施設だった。人格が入れ替わってしまった彼らは隔離されてしまうが、そこで連続殺人が起こる。このような状況下で殺人を行う動機とは?殺人を行っている犯人(の人格)はだれ?

 

 

 

 

 

~おもしろいポイント~

 

①ありえない?いいえここではアリです。

本作最大の魅力はもちろん「人格転移」ルールである。西澤氏お得意の現実にはありえないSF的現象を明確なルールの下ミステリに組み込むというものだ。「人格転移」とは文字通り登場人物の人格(魂?意識?)が入れ代わり、他人の体に他人の人格が宿ると言うものだ。そして本作では、殺人犯が誰の人格なのか(誰の肉体かではなく)を推理するのだ。もちろん何もルールがなく人格転移が起きるのであれば犯人の人格を特定するのはほぼ不可能なのでそこには明確なルールがある。例えば人格転移の順番は施設に入った時の位置から時計回りで、1回につき一つずつスライドすることや、他人の人格が入っているときに殺されるとその人格は消滅し、その後は順番はそのままその死者を飛ばして人格が交代すること、そしてエピローグで明らかになる方法を除いては一度始まった人格転移を止めるすべはないことなどである。これらのルールを基に言動や行動から犯人を見つけ出すのである。ただ、より重要なのは犯人は誰なのかよりも、なぜ犯人はこのような状況下で犯行を行ったのかということであろう。ぜひその点まで考察してから解答編に進んでいただきたい。

 

 

 

②後味の良い読み心地

ここで意図するミステリ小説の「後味」とは、「真相を理解・納得できるか」と「ストーリー的に救い・希望のあるラストか」である。前者に関してはミステリにおいて、特に今回のように一般的でないルールが登場するものには必須の要素であろう。上手く考えられたプロットであっても読者を置いてけぼりにしてはもったいない。その点この作品は人格が入れ替わるという複雑な状況であるにも関わらず、真相と驚きがスッと入ってくる。この点は西澤氏の構成と文章の巧みさによるものであろう。後者に関しては、必ずしも後味の良いラストでなくとも良いのだが、やはり一般的には救いのあるラストを求めるのではないだろうか。本作では、連続殺人により人々が次々と殺されていくという暗い展開ながらも、エピローグで明らかとなる「人格転移を止める唯一の方法」に救いのようなものが用意されており、読み終わった後味はなかなか良い。スッキリとミステリ小説を読み終わりたい方にはおすすめの作品である。

 

 

 

 

 

 

 

~最後に~

読書の秋も深まり、読書欲が高まってきた方も多いのではないだろうか。普通のミステリには飽きた方、スッキリした作品を読みたい方は、ぜひ本作を今秋の一冊に加えてみていただきたい。

 

 

こちらの記事もおすすめ!

 

伊坂幸太郎著「オーデュボンの祈り」感想(ネタバレ注意)

~はじめに~

本日ご紹介するのは、伊坂幸太郎著「オーデュボンの祈り」である。人気作も多い伊坂氏の作品であるが、本作はその始まりとなるデビュー作である。本稿では、デビュー作ではあるが昨今の人気作と同様の魅力ある文章や不思議な世界観の魅力を抱える本作の魅力を語っていきたい。

 

以下、ネタバレを含みます。

未読の方はご注意下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                                                                      

 

 

 

 

 

 

f:id:Ashito:20210912184527p:plain

~あらすじ~

主人公はコンビニ強盗をはたらき逃走中だったが、気が付くと見知らぬ島にいた。島の住人は嘘しか言わない画家殺人を許されている男、さらには人間ですらなく人語を話未来を見ることのできる案山子など奇妙な者ばかり。そして翌日、この案山子がバラバラになって死んでいるのを発見する。主人公は未来を見通せる案山子がなぜ殺されたのかと疑問を持ち調査を始めるのであった。

 

 

 

 

 

~おもしろいポイント~

 

①引き込まれる世界観

本作の舞台となる世界(島)は普通の人が思いつかないような設定が盛りだくさんである。あらすじで出てきた嘘しか言わない画家や未来を見通せる案山子はもちろん、地面に耳をつけて自分の心臓の音を聞いている少女や死にゆく人の手を握る仕事をしている女性など、現実ではあまり見かけないような個性を持っていたり過ごし方をしていたりする者ばかりである。こういった奇抜な設定は、読んでいる者を飽きさせないだけでなく、実はこれらの設定一つ一つが案山子の死の謎を解き明かすピースとなっているのである。島民達の奇妙だが定まった個性や習慣が主人公にヒントとなり、主人公や読者を導いていく伊坂氏の緻密な文章には感嘆するしかない。デビュー作からこのような魅力ある世界観・文章を創り出せているのだから、この後の作品が名作の連続となることは想像に難くないだろう。

 

 

 

②案山子の死の真相そして主人公たちの運命

物語の最大の謎「未来を見通せる案山子はなぜ死んだか、誰に殺されたか」は、島民達が抱える様々な事情が絡み合って明らかにされる。主人公は始め島民に聞き込みをするのだが真相は見えてこず、そんな中で更に事件が起きて謎が深まっていく。しかしながら新たに起きた事件をきっかけに主人公は島民達に隠された秘密を理解していき、ついには真相に辿り着くのである。案山子の死には未来が見えるが故の苦悩と後悔が込められており、自分が案山子だったらどうしただろうかと考えさせられてしまう。

また、物語終盤ではコンビニ強盗を犯した主人公を追って、元恋人や悪徳警官までもが島に乗り込んでくる。しかし悪徳警官は運悪く殺しを許された男の裁きを受け、主人公は元恋人と再会を果たす。死者は出ているが恐ろしい感じはなく、ハッピーエンドのようだがどこか悲しいような印象を受ける結末となっている。

 

 

 

 

 

 

~最後に~

本作は美しい緻密な文章で構成されているだけに、あらすじや魅力を短文で語ることは非常に難しいように感じた。本記事では残念ながら本作の魅力を語り切れていないため、ぜひ実際に読んでいただきたい。

 

 

こちらの記事もおすすめ!

ashito.hatenadiary.jp

歌野晶午著「長い家の殺人」感想(ネタバレ注意)

~はじめに~

本日ご紹介するのは、歌野晶午著「長い家の殺人」である。本作は歌野氏のデビュー作である。「葉桜の季節に君を想うということ」や「密室殺人ゲーム」など一風変わった設定の作品が有名な歌野氏であるが、本作を含む家シリーズは正当な本格ミステリ作品となっている(他作品が正当でないという意味ではないが)。

 

以下、ネタバレを含みます。

未読の方はご注意下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                                                                      

 

 

 

 

 

 

f:id:Ashito:20210907183528p:plain

~あらすじ~

バンドメンバーがライブの練習のために合宿を行うこととした。しかしそこで彼らを待っていたのはメンバーの一人が荷物と共に消え、そして突如死体となって発見されるというものだった。バンドメンバーには死体が現れたときにアリバイがあり外部犯の可能性も出てきたが真相はいかに。

 

 

 

 

 

 

~おもしろいポイント~

 

①大胆なトリック

本作はタイトルにもあるように、鰻の寝床のような長い形をしたペンションで事件が起こるという内容であり、そのトリックにもこのペンションの構造が大きくかかわってくる。謎としては、被害者の荷物が消えて現れた方法、そして荷物と死体が移動したときの容疑者(バンドメンバー)達のアリバイである。長い家という構造がある程度絡んでくることを想像すれば、トリックに気付いた方も多いかもしれないが、中々大胆にして効果的なトリックだったと思う。伏線も適度に張られており、割と読者に良心的な作品と言えるだろう。途中で謎を見抜いてスッキリしたいという方におすすめの作品だ。

 

 

②好き嫌いの分かれる名探偵・信濃譲二

本作をはじめとする家シリーズでは、名探偵として信濃譲二が登場する。この名探偵、推理力は抜群なのだが、なにせ癖が強い。本作以外の家シリーズ作品も読んでいただくと分かるが、倫理感覚が通常の人とは異なっており、犯人を捕まえることにも興味はなく、非合法なこともしている。他の作品で出てくる名探偵のような行動力や正義感、はつらつさはなく、中々に曲者である。読者によって好き嫌いが分かれるであろう彼だが、個人的には嫌いではない。名探偵に必要な抜群の推理力を持っているし、こちらの考察も邪魔しない。最後までスッキリと謎を楽しませてくれるように思われるからだ。物語の謎以上にこの信濃譲二とは何者なのかというところも読者の気になるところであるが、気になる方は他の家シリーズも読んでみると良いかもしれない。

 

 

 

 

 

~最後に~

本作は秀逸なトリックをメインとした作品である。謎やストーリーもシンプルなので、ややこしい作品が苦手な方でも楽しめることだろう。徐々に読書の秋に入りつつある今、ぜひ読んでみていただきたい。

 

 

こちらの記事もおすすめ!

ashito.hatenadiary.jp

法月綸太郎著「生首に聞いてみろ」感想(ネタバレ含む)

~はじめに~

本日ご紹介するのは、法月綸太郎氏著「生首に聞いてみろ」である。本作は第5回本格ミステリ大賞を受賞した法月氏の代表作の一つである。なかなかグロそうなタイトルから手に取るのを躊躇されている方もいるかもしれないが、悩める作家の渾身の一作だけあって素晴らしいできとなっている。本日はその魅力を語っていく。

 

以下、ネタバレを含みます。

未読の方はご注意下さい

 

 

 

 

 

 

 

                

 

 

 

 

 

 

f:id:Ashito:20210907172951p:plain

~あらすじ~

有名な彫刻家が病死し、その作家の遺作となる彫刻が、首が切断された状態で発見された。誰が何のために切断したのか。切断した首に隠された驚きの真相とは。

 

 

 

 

~面白ポイント~

 

①生首に聞かない

本作のタイトルは「生首に聞いてみろ」であるが、実は中盤まで生首は登場しない。代わりに物語の中心となるのは彫刻家の遺作である「母子像」の切断された首である。この切断された彫刻の首にどのような意味があったのか、というのが本作最大の謎である。切断された首は誰の顔をしていたのか、どんな表情をしていたのか、そもそも首がある作品だったのか。様々な意見が出ては覆り、最終的に辿り着いた真相には病死した彫刻家の懺悔とも後悔とも言うべきものが込められている。その真相によって不都合な事実が明らかになってしまう犯人によって首は切断され、さらにはその首を巡って本物の生首さえも登場する悲劇へと発展していく。

 

 

②迷探偵?綸太郎奔走

本作は、主人公として作者と同名の小説家・法月綸太郎が登場するシリーズの一作であり。綸太郎が事件の謎を追って奔走する。最終的には真相を明らかにするのだが、良くある名探偵とは違いスマートに謎を解決していくわけではない。どちらかというと刑事物のように地道な捜査によって得られた証言を基に少しずつ謎に迫っていくのである。読者の中には中々真相が明らかにならずじれったく思う方もいるかもしれないが、ある意味現実味のある探偵像ではないだろうか。事件解決に奔走する綸太郎は、悩める作家とも言われる法月氏小説の中に落とし込んだもののようで、応援してあげたくなる。そんな身近に感じられるような迷探偵と読者の皆さんも一緒になって謎を解き明かしていって頂きたい。

 

 

 

 

 

 

~最後に~

本作は、登場人物も多く(推理小説では普通くらいだが)、真相も非常にこんがらがっているため、スッと理解してどんでん返しびっくりすると言うよりは、思わずため息をついて真相の深さに感嘆するといった作品である。そういった作品が好きな方にはぜひ読んでいただきたい。

 

こちらの記事もおすすめ!

ashito.hatenadiary.jp

東野圭吾著「十字屋敷のピエロ」感想(ネタバレ注意)

~はじめに~

本日ご紹介するのは、東野圭吾著「十字屋敷のピエロ」である。本作は東野氏の推理小説作品の中でも人気が高い作品である。本日はその人気の秘密を語っていきたい。

 

以下、ネタバレを含みます。

未読の方はご注意下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                                                                      

 

 

 

 

 

 

f:id:Ashito:20210906175208p:plain

~あらすじ~

ある十字の形をした屋敷に置かれたピエロ人形。その人形は手に入れた物が必ず不幸になるという曰く付きの者だった。そして彼は見ていた。この屋敷の人々が不幸にも死んでいく様子を。もちろんピエロ人形は喋れないが、読者に見たことを教えることはできる。ピエロの証言から見えてくる事件の真相とは。

 

 

 

 

 

 

~おもしろいポイント~

 

①ピエロ視点の証言

この作品の最たる特徴は、人形であるピエロ視点での目撃証言が所々で挿入されているところである。もちろんピエロは誰の味方でもないので、少なくとも自分が真実と思っていること、見たままのことを話す。登場人物が嘘をつきまくる状況で、ピエロの証言のみが唯一信じられるヒントであり、読者はこのヒントを元に推理していくこととなる。ただしご注意を。ピエロは故意に嘘をつくことはないが、語っているのが事件の真相とは限らない。彼は見たままのことを言うのである。ピエロの勘違いと明らかに怪しい十字の形をしている屋敷により作り出されるトリックが、読者を騙しに来るのでご注意を。ただ、本作の魅力はそのトリックだけではなく・・・。

 

 

②どんどん変わる状況と衝撃の真相

推理小説では、物語が進むにつれて謎が謎を呼び、終盤に掛けてそれらが一気に繋がって真相が明らかになる、という流れを特に本格推理小説では多く見かけるように思う。これにより真相が明らかになったときに爽快感を味わうことができるが、読者によってはじれったく思う方もいるだろう。しかしながら本作では物語の途中で、十字屋敷という特殊な現場とピエロの勘違いにより作り出されたメイントリックが明らかにされるため、飽きることなく読み切ることができるように思う。途中でメイントリックが明らかにされたらそれ以降はつまらなくなるようにも思うがご安心を。この作品最大の魅力は最後の最後に待っている。メイントリックが明らかになったことを皮切りに、見かけ上の犯人が終盤に明らかになっていくのだが、彼女は実行犯とでも言うべきで実は裏で糸を引いている真犯人がいるというどんでん返しが待っているのである。そして、もちろん意外なその真犯人の存在は驚きで、やられたと思ったのだが、更にそれ以上に、その真相を登場人物達は知らず、真犯人の呟きを聞いていたピエロ人形だけがその真相を知っているという設定がなんとも言えず不気味である。この驚きだけでなく妙に背筋が冷たくなるような真相がこの作品が東野氏の推理小説作品の中でも高い人気を誇る要因であろう。

 

 

 

 

~最後に~

本作は、東野作品ということもありミステリ初心者にも読みやすく、また他の推理小説にはない独特な魅力のある作品である。ミステリ初心者の方普通のミステリに飽きた方もどちらもお楽しみいただけるだろう。

 

 

こちらの記事もおすすめ!

ashito.hatenadiary.jp